薬剤師の平均年収は?

薬剤師は、医療分野の職業ですから高度な知識と技術を取得を必要としているので収入は、高いレベルです。ちなみに平成25年の薬剤師の平均年収は533万円で、平均月収は37万円です。平均とは年齢が39.1歳で、勤続年数平均では、7.6年として、全国の労働者数を52,580人とした数字から算出しています。

さて薬剤師という職業は、病気や怪我をした場合に、医師の指示に従って薬の専門家という役割を担っていますので、社会的には高い価値を持った職業です。そして薬剤師の働く職場としては、一つ目が病院勤務です。二つ目ですが、調剤薬局という形をとっていて、病院から委託を受けて薬を患者さんに渡します。

さらに三つ目ですが、ドラッグストアの薬剤師としてです。他には製薬会社の研究室で新薬を開発する仕事もあります。年収を見ていうとそれぞれで異なってきますが、人数が多いのは調剤薬局やドラックストアです。勤続3年目で500万円にも達するケースがあるのが薬剤師ですが、高い年収を確保できていけます。

店長ともなると700万円も可能なのだそうで、さらに経験を積んでいくと自分でドラッグストアの開店する人もいるのです。

カテゴリー

最近の投稿